建築士・カラーコーディネータによる住宅設計情報    
 home住宅色彩オリジナル評論>クイーンズタウンの街並み<2/2>
   
■ニュージーランドの住宅
 


[3]クイーンズタウンの街並み<2/2>

 

左の写真に日本車らしき車が写っているが、
ニュージーランドでは、日本車が全体の8割以上を占めるようだ。 だから、車だけ見たら、日本の景色と変わらない。

この家の色彩は、日本では、なかなか見ることが出来ない。
何が違うかというと、壁が白っぽいのは普通だが、サッシの色がライトスカイブルーなのである。

それ以外にも、バルコニー手摺、シャッターなどにもライトスカイブルーが採用されており、家全体に色の統一感が見られてマル。

これが、 眼下に広がる湖に調和している。
もし、これが、日本の住宅地で建てたら、これほど良い色には見えないだろうと思う。 
というか、かっこ悪くなるだろうと思う。

次の写真の家は、古い家だが、サッシは、さきほどと同じライトスカイブルーです。

ライトスカイブルーのサッシは、ニュージーランドでは珍しくないのか!?
でも、この茶色とは、調和しているとは思えないが・・・。

3枚目の写真の家は、ブラウン系の外壁色に、グリーン系の屋根を合わせたもので、一見、丸太の山小屋にも見えるが、普通の家です。

ブラウン系の外壁に、グリーン系の外壁は、調和しやすく、日本でも、最近流行している。

しかし、日本では、外壁のブラウンが、もっと明るいトーンになっている。 しかも日本では、そのブラウンは、ほとんどタイルである。



   


  建築士・カラーコーディネータによる住宅設計情報[住宅カラーコーディネートTOP]