建築士・カラーコーディネータによる住宅設計情報    
 home住宅色彩オリジナル評論>周りとの調和を考える
   
■外観デザイン
 


[1]周りとの調和を考える

外観は、住まいの顔ともいえる部分です。
外観デザインを、おろそかにすると、後々たいへん後悔することとなります。

まず、一番大切なことは、家の外観は、自分だけのためではないということです。
自分が家を建てる周辺の環境も含めて責任を負うということです。

よくあるのが、ピンクなどの派手な外壁のマンションが近くに建ったら、
街の景観を壊すということで、住民運動が起きたというニュースを聞いたことがありませんか?

また、住民運動が起こらないにしても、まわりの住民が不快に思っていることは珍しくありません。

考えてみてください。
田舎の昔ながらの街並みに、突然派手な家が建ったら、
景観が悪くなることはもちろん、まわりと調和しない派手な家自体、
かっこ悪い外観ということになります。

展示場や、パンフレットなどで、自分の思うように色彩計画を含めた外観デザインを決めると、
起こりうることです。

外観デザインの検討の際には、建築を予定しているまわりの景観に、
自分の考えている外観デザインが調和するかどうかも 必ず検討して下さい。

   


  建築士・カラーコーディネータによる住宅設計情報[住宅カラーコーディネートTOP]  

 

 

■住宅展示場に行こう!注文住宅住宅ローンシュミレーション住宅ローン金利推移
展示場情報→|東京大阪広島福岡埼玉千葉神奈川愛知兵庫茨城京都