建築士・カラーコーディネータによる住宅設計情報    
 home住宅展示場探訪記>アットハウジング<3/3>
   
■彦根住宅公園[滋賀]<10>
 


[4]アットハウジング<3/3>





写真では分かりずらいが、床から天井まで、同じような温度になっているようだ。 
普通、空気は暖かい空気は上の方にいくので、足元は冷えるのが通常であるが、この家は、まるごと同じ温度だよ!
というのを伝えたいようだ。
これは、床暖房を搭載している家の特徴ですが、アットハウジングは、その床暖房のランニングコストを抑えた方法を開発したようだ。 

それは、「ネフライト板」といわれる翡翠(ヒスイ)の粉末を配合した床材のことで、遠赤外線効果があるという。

 
       

次に訪れたのが、2階の洋室(5.5畳)。

とても狭い印象の部屋であるが、窓の腰高さを抑えて、わざと狭い印象にしているのだという。

最近は、どの部屋の間仕切も取っ払って、開放的な部屋を提案するケースが多いが、こんな閉鎖的な空間も必要だと感じさせる部屋だ。

これにてアットハウジングを後にするが、本日一番の印象を受け、特に家を買う予定もない私でさえ、もう一度訪れたいと思った展示場でした。

 


  建築士・カラーコーディネータによる住宅設計情報[住宅カラーコーディネートTOP]