建築士・カラーコーディネータによる住宅設計情報    
 home住宅カラーコーディネート>公共性に配慮[2]
   
公共性に配慮[2]  


・屋根の色彩

屋根の色彩は無彩色系の使用が多い。
灰色や黒や落ち着いた茶系の色彩が屋根の慣例色となっている。
最近は、緑系の色も多く採用されつつある。

・外壁の色彩

YR(イエローレッド)系と、Y(イエロー)系の色相がよく使われる。
戸建住宅の外壁色は、流行の影響も受けるが、YR系とY系の明るめのオフホワイト、
少し明度を抑えたベージュ系、茶系の色彩が慣例色となっている。

・外壁フェンスの色彩

外構に使われるフェンスの色彩は、白や黒などの無彩色系の色や、茶系が慣例色となっている。
このような色は、植栽ともよくなじみ、緑の多い環境にも違和感無く溶け込んでいる。
また、駐車場の囲いや、公園の周囲のネットフェンスには、彩度の高い青緑色が多く見られるが、
彩度が高すぎて、せっかく整備した植栽の印象を悪くしている例が多い。
基本的には、自然の緑を生かすためにも低彩度色を慣例色とするべきだと思う。


  建築士・カラーコーディネータによる住宅設計情報[住宅カラーコーディネートTOP]