建築士・カラーコーディネータによる住宅設計情報    
 home建築のカラーに関する法律>建築関係
   
■建築関係
 


・ 建築基準法

意外ですが、色彩関係の条項は特にありません。
私が見つけきれなかっただけかもしれないので、見つけた方がいましたら教えてください。

・ハートビル法

人にやさしい建築・住宅(高齢者、障害者等の利用に配慮した建築・住宅)の整備に関係した法律。

第7条
不特定かつ多数の者が利用し、又は主として高齢者、身体障害者等が利用する廊下等は、次に掲げるものでなければならない。

1.表面は、粗面とし、又は滑りにくい材料で仕上げること。

2.階段又は傾斜路(階段に代わり、又はこれに併設するものに限る。)の上端に近接する廊下等の部分(不特定かつ多数の者が利用し、又は主として視覚障害者が利用するものに限る。)には、視覚障害者に対し段差又は傾斜の存在の警告を行うために床面に敷設されるブロックその他これに類するものであって、点状の突起が設けられており、かつ、周囲の床面との色の明度の差が大きいこと等により容易に識別できるもの(以下「点状ブロック等」という。)を敷設すること。ただし、視覚障害者の利用上支障がないものとして国土交通大臣が定める場合は、この限りでない。

第8条
不特定かつ多数の者が利用し、又は主として高齢者、身体障害者等が利用する階段は、次に掲げるものでなければならない。

1.踊場を除き、手すりを設けること。

2.表面は、粗面とし、又は滑りにくい材料で仕上げること。

3.踏面の端部とその周囲の部分との色の明度の差が大きいこと等により段を容易に識別できるものとすること。

4.段鼻の突き出しがないこと等によりつまずきにくい構造とすること。

5.段がある部分の上端に近接する踊場の部分(不特定かつ多数の者が利用し、又は主として視覚障害者が利用するものに限る。)には、点状ブロック等を敷設すること。ただし、視覚障害者の利用上支障がないものとして国土交通大臣が定める場合は、この限りでない。

6.主たる階段は、回り階段でないこと。ただし、回り階段以外の階段を設ける空間を確保することが困難であるときは、この限りでない。

第9条
不特定かつ多数の者が利用し、又は主として高齢者、身体障害者等が利用する傾斜路(階段に代わり、又はこれに併設するものに限る。)は、次に掲げるものでなければならない。

1.勾配が12分の1を超え、又は高さが16センチメートルを超える傾斜がある部分には、手すりを設けること。

2.表面は、粗面とし、又は滑りにくい材料で仕上げること。

3.その前後の廊下等との色の明度の差が大きいこと等によりその存在を容易に識別できるものとすること。

4.傾斜がある部分の上端に近接する踊場の部分(不特定かつ多数の者が利用し、又は主として視覚障害者が利用するものに限る。)には、点状ブロック等を敷設すること。ただし、視覚障害者の利用上支障がないものとして国土交通大臣が定める場合は、この限りでない。

第11条
不特定かつ多数の者が利用し、又は主として高齢者、身体障害者等が利用する敷地内の通路は、次に掲げるものでなければならない。

1.表面は、粗面とし、又は滑りにくい材料で仕上げること。

2.段がある部分は、次に掲げるものであること。

イ 手すりを設けること。

ロ 踏面の端部とその周囲の部分との色の明度の差が大きいこと等により段を容易に識別できるものとすること。

ハ 段鼻の突き出しがないこと等によりつまずきにくい構造とすること。

3.傾斜路は、次に掲げるものであること。

イ 勾配が12分の1を超え、又は高さが16センチメートルを超え、かつ、勾配が20分の1を超える傾斜がある部分には、手すりを設けること。

ロ その前後の通路との色の明度の差が大きいこと等によりその存在を容易に識別できるものとすること。


  建築士・カラーコーディネータによる住宅設計情報[住宅カラーコーディネートTOP]  

 

 

■住宅展示場に行こう!注文住宅住宅ローンシュミレーション住宅ローン金利推移
展示場情報→|東京大阪広島福岡埼玉千葉神奈川愛知兵庫茨城京都